和紙の歴史

紙の起源は、5,000年前の古代エジプトの「パピルス」であると言われています。
現在の紙の原形となったものは、紀元前2世紀ごろ、中国の漢の時代に発明されたものと考えられています。中国で発明された紙づくりの技術は、シルクロードによる交易を通じて広がっていきました。
日本での紙の基礎を作ったのは、聖徳太子でした。聖徳太子が摂政のころの610年、朝鮮から製紙の方法が渡ってきました。
仏教を重んじた聖徳太子は、写経も推奨しました。写経に用いる大量の紙を確保するため、紙作りの保護育成の政策を推進しました。製紙術の改良が行われ、わが国在来の楮(こうぞ)を使った楮紙が多く作られるようになりました。中央ばかりでなく、地方でも多く作られるようになってきました。
現存する、わが国で漉かれ、年代の明らかな最古の紙は、正倉院に伝わる702年(大宝2年)の美濃、筑前、豊前の戸籍用紙です。それが、美濃和紙が1300年の歴史があると言われる由縁です。

美濃の歴史、美濃について

和紙の生産に必要なものは、原料である楮、三椏、雁皮がとれること。そして良質の冷たい水が豊富にあることです。美濃は、その二つの条件を満たしており、しかも都にも近かったため、和紙生産地として栄えました。
美濃和紙の紀元は、およそ1300年前、天平9年(737年)ころ。奈良時代の「正倉院文書」の戸籍用紙が美濃和紙であったことが記されています。
原料がとれること、そして都にも近いという地の利があったため、次第に盛んになっていきました。官営の製紙場が設けられ、平安時代には「宣命紙」という良質の和紙が漉かれていました。
民間でも広く美濃和紙が使われるようになったのは、室町・戦国時代の文明年間(1468~1487年)以後でした。美濃の守護職土岐氏は製紙を保護奨励し、紙市場を大矢田に開きました。紙市場は月に六回開かれたので、“六斉市”と呼ばれ賑わいました。この紙市によって、近江の枝村商人の手で、京都、大阪、伊勢方面へも運ばれ、美濃の和紙は広く国内に知られることとなります。
大矢田の紙市は、天文9年(1540年)年には上有知(美濃町)に移ってきました。当時戦乱が続いており、大矢田と枝村との交通は急峻な山間部のため危険が多く、それに対して上有知(美濃町)より長良川を利用すれば一夜にして交易港である桑名の港に到着できるうえ、運送は便利で危険が少なく安全であったからです。
そして、慶長5年(1600年)、徳川家康からこの地を拝領した金森長近は、長良川畔に小倉山城を築城しました。慶長11年(1606年)ごろには、現在も残る町割が完成します。さらに、現在川湊灯台として知られる「上有知湊」を開きます。上有知湊は、船運による物資集散の拠点として、また、和紙を中心とした経済活動の拠点と成長していきます。金森長近の没後の元和元年(1615年)には、上有知藩領から尾張藩領となります。
こうして、江戸時代には藩の保護や一般需要の増加もあり、美濃和紙は幕府・尾張藩御用紙となっていきました。
明治維新により、それまで紙漉き業に必要だった免許の制限がなくなり、製紙業が急増しました。
国内の需用の高まり、海外市場の進出などもあり、紙と原料の集積地として栄えました。
しかし、濃尾震災(明治24年)、太平洋戦争による物資不足、人材不足などが生産に大きく影響し、陰りを落とすようになっていきました。
そして、大正ころからは機械抄きが導入され、戦後には石油化学製品の進出が続きます。美濃では日用品を主とした素材を中心に生産していたため、これらの打撃はとても大きいものでした。
昭和30年には1200戸あった生産者が、昭和60年には40戸になりました。手漉き和紙の振興のため、昭和58年に美濃手漉き和紙組合を設立。昭和60年5月22日には、通産大臣から伝統工芸品に指定されました。
平成6年に地元和紙の産地の蕨生地区に美濃和紙の里会館が開館しました。
平成11年(1999)5月13日にかつて美濃町と呼ばれていたうだつの町並みは、重要伝統的建造物群保存地区に選定され、町並みを守る活動が行われています。
そして、毎年10月に全国的にも有名な「美濃和紙あかりアート展」が開催されております。和紙のもつ柔らかく暖かい光が江戸情緒溢れた美濃の町並みと解け合って、美濃和紙の新たなる可能性を感じさせてくれます。

The ultimate in superb design, originality and contemporary style for your store. To bring you this, we source in Japan those extraordinary items to enhance the aesthetic and creative quality of life. All the articles we offer are hallmarked by their functional design, ingenious flexibility and cosmopolitan charm. They form an eye-catching focus in every sophisticated environment and at all retail outlets that cater to a lifestyle-conscious and trend-driven clientele.

Origami Fun Net originates in Mino, a town famous for paper of the finest quality. For centuries, Japanese emperors procured paper from Mino, connoisseurs refer to it as “Mino washi“ and experts appreciate it for its soft yet firm touch. Origami Fun Net stretches the boundaries of traditional origami to meet today’s creative audience.

Origami Fun Net hat seine Wurzeln in Mino, einer Stadt, die für Papierherstellung auf höchstem Niveau berühmt ist. Jahrhundertelang haben japanische Kaiser auf Papier aus Mino geschrieben. Kenner nennen es “Mino washi” und Spezialisten schätzen es, weil es sich weich, aber dennoch fest anfühlt. Origami Fun Net überschreitet die traditionellen Grenzen hin zum modernen kreativen Publikum.

Origami Fun Net est d’origine de Mino, une ville célèbre pour son papier d’une qualité extraordinaire. Pendant des siècles, les empereurs japonais écrivaient sur du papier de Mino. Les connaisseurs l’appellent “Mino washi” et les spécialistes l’apprécient pour sa souplesse, tout en étant ferme. Origami Fun Net franchit les limites traditionnelles pour joindre la créativité du public moderne.


古川紙工

1835年創業(天保六年)。
美濃特産の薄い雁皮紙を使用した、鉄筆用謄写版原紙やタイプライター原紙の製造を経て、1970年代からは美濃和紙を使った便箋、ぽち袋、書道用紙などの製造販売へ。
文具・紙製品の加工技術によってバリエーション豊富なオリジナル商品も多数生産しています。
― 紙のチカラ ―  紙でなければできないこと、紙の新しいカタチを発信しています。

家田紙工

1889年創業。
岐阜提灯をはじめ、全国の提灯用紙に絵付けする刷り込みが主要技術。美濃和紙を使用した水うちわや、古来の手漉き和紙の手法を応用したインテリアデコレーショングッズも人気。3120では、鮮やかな蛍光色が個性的なノートの表紙やカードのシルク印刷、インクジェット印刷を行なっています。

Thomas Merlo & Partner AG